ごあいさつ

弊社では、本事業を開始した酒井仙次郎精肉店創業以来(昭和24年)長崎県南高来郡国見町営食肉センターの事業拡大を受けて弊社でも近代的な生産設備を構築し、畜産物の全国への主要供給産地として、事業を進めております。近年のIT変革はめまぐるしい速度で進行しています。この変革のベクトルは、テクノロジー・地理的隔たり年代・言語をはじめとするさまざまなボーダー(境界)を取り除き、新たな価値観を生み出そうという方向を指し示しています。現在、畜産物を取り巻く環境も大変激しく、輸入肉の自由化等、明治黎明期の黒船来襲の感もあります。

現在、事業の再構築を視野に入れながら進めており、その一環として、「日和産業株式会社」様の協力を経て、平成9年には「雲仙特選豚 極」の開発に成功し、お得意様より大変高い評価を得ることが出来ました。「雲仙特選豚 極」は直営農場が雲仙山麓の湧水を生産過程に取り入れ、自然環境に配慮した、近代的農場で生産されています。特質は高栄養価でまろやか、脂質は硬く無添加生産です。「にくせん」ではこれらの生産された豚を登録商標「雲仙特選豚 極」として加工・販売いたしております。

代表取締役社長 酒井 範示

企業情報

 

商号 株式会社 にくせん
本社 〒859-1321
長崎県雲仙市国見町多比良甲86番地3
電話 0957-78-3000(代表)
FAX 0957-78-3002
代表取締役 社長 酒井 範示
業務内容 精肉・加工食品製造卸販売
工場 国産豚肉生カット生産部/豚副生物生産部/ 大都市直接配送部/直販部
長崎営業部 長崎市思案橋直販店/長崎市住吉直販店
  株式会社 長崎ミート 
精肉・加工食品製造卸販売
長崎県雲仙市国見町多比良甲17番地 
営業内容 全国内の有力精肉店への卸販売
製造品目 食肉全般・肉加工品(ハム・ソーセージ)

沿革

昭和25年5月 長崎県南高来郡国見町多比良甲86番地3において酒井仙次郎食肉卸売開業
昭和41年9月 同地 有限会社酒井精肉店設立 代表酒井孝一 資本金1050万円
昭和41年12月 長崎市油屋町1-32に思案橋店出店
昭和44年1月 有限会社 「にくせん」 に社号変更
昭和44年9月 長崎県南高来郡国見町多比良甲110番地に新社屋新築完成
昭和46年8月 同地にカット肉生産工場建設
昭和47年12月 株式会社 にくせん に組織変更
昭和49年4月 増資 資本金2100万円
昭和52年5月 増資 資本金5000万円
平成7年7月 酒井範示 代表取締役就任
平成9年 日和産業(株)と共同で開発した独自交配種「極」(きわみ)を生産開始

環境へのとりくみ

  • 事業活動においては、常に環境に配慮することを優先しております。特に深刻な問題となっています地球温暖化防止に関しては業界をリードする製品のより一層の低消費電力化や省資源化を追及し、生産過程ではあらゆる無駄を排除したエネルギー効率の高い生産システムの構築に注力してまいります。
  • 資源の枯渇や廃棄物の環境影響などの状況に照らし、持続可能な循環社会の構築に向けて、メーカーとして積極的に環境対策に取り組んでいます。
  • 雲仙の雄大な環境を維持するために、弊社はボランティア活動にも積極的に参加し住みよい社会に貢献いたします。